Chittoのホームページ手作りウェルカムボードの詳細についてはこちら!

------------
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
<< リサイクル?? | main | この季節が!! >>
新品で・・・
最近ちょくちょくステンドグラスアンティークパネルの修繕を、
近隣遠方問わず依頼されることがあるのですが、
中でも一番多い依頼がパネルを既存の木枠(窓枠)から取り外すというもので、
これは現地で買い付けの際に向こうの業者さんが、
解体物件を丸ごと幾らかで権利を買い取り、
家具やらドアやらこういったステンドグラスパネルなど売れそうな物を、
解体前に一気に家屋から取り外してくるため、
ステンドグラスも窓枠ごと取り外されたものが殆どで、
これを今度新築の窓枠に取り付けるためにそのままでは取り付けれないので、
この既存の枠を取り外してほしい!という依頼なのです!!
(と言っても中にはこの古い窓枠そのままに、
 建具などに取り付けてしまうツワモノもいますが・・・)



ただこの窓枠、昔の物なのでステンドグラスパネルとの境には、
止水のためにパテがガッチリ効いており、
しかもその上から何度もペンキを塗りなおしているため、
これが中々外れないのであります・・・



で、結局窓枠の方を崩して取り出すのですが・・・






殆どの場合外周のケイムも一緒に引っ張られ、
その際に曲がってしまったり歪んでしまったりするものも多々あります!!

ただそれでもケイムが残っているだけまだましな方で、
殆どの場合長い年月雨風に当たってきたせいでケイムが劣化してしまい、
木枠を外した途端ボロボロ崩れるように取れてなくなってしまう物も・・・

なので殆どの場合、木枠の取り外しイコール外周ケイムの取替え作業になるので、
まずはこのようにグズグズのケイムを取り外し、





そこに新たなケイムを取り付けるのであります!!







こうしてなんとか窓枠から取り外して、
新しいお家に取り付けることができるのですが、
アンティークのステンドグラスをそこそこの値段で買って、
まず確実に窓枠から取り外すので、この作業でお金を払い・・って考えると、
総額で考えたら同じデザインの物を新品で作れるんじゃ・・・?
と思うのです・・・

しかも程度の良いアンティーク物ならいいですが、
こんな感じでアンティークになってしまっていると・・・







修復するのに更に金額が掛かってしまいます・・・

しかも取り付ける場所の大きさにサイズ変更して作り直すとなると、
そこでまたまた金額が掛かってしまい、
ある意味新品よりも高い買い物になってしまうかもしれません・・・

ただこの朽ちた感じが良くてアンティークのステンドグラスにしている!
という方にはこの方がいいのかもしれませんが、
アンティークの方が新品よりも安そう!というようであれば、
一度お近くのステンドグラス工房に希望のデザインを持ち込んで、
見積もりをしてもらうのもいいかもしれませんよ!!

中には今現在は製作されてないガラスを使用している、
アンティークのステンドグラスパネルもありますが、
今現在日本に入ってきているガラスの種類だけでも何千とありますので、
似た感じできっとお気に入りの物が見つかると思います!!

せっかくの新しいお家ですから、新しいステンドグラスパネルを取り付けて、
今度はそのパネルがアンティークと呼ばれるようになったら、
そのパネルと一緒に育ってきたお子さん達に、
代々受け継いでいくのもいいのではないでしょうか・・・?
| 修繕&リメイク | 04:34 | comments(0) |
コメント
コメントする